ひとりごと

永遠のヤス。

文脈を読まないと

過保護のカホコ、より。

 

f:id:ebiokun:20170804005510p:plain

なんか画家を目指す人。

 

f:id:ebiokun:20170804005513p:plain

ダメな作品として登場したもの。

 

f:id:ebiokun:20170804011536p:plain

カホコが評価したもの。

 

このシーン。

作品の良し悪しは別として、

根本的にピントがズレてる気がします。

 

---

 

私素人ですけど、

多分、アートには文脈というのがあると思うんですわ。

だからなんとなくそれっぽいものを出しても評価されないと思うんですわ。

 

f:id:ebiokun:20170804010049j:plain

 

逆に文脈を読み切れば、

普通の便器を提出するだけでもアートなんですわ。

 

例えばこの便器がなぜ評価されたかというと、

多分、、、

 

アートが権威主義的になり過ぎてる時代みたいなものが前提としてあって、

じゃあ"なんで便器はアートにならんのか?"という、

メッセージ性みたいなのが評価されたんでしょう。

 

知らんけど。

 

---

 

村上隆のコレが16億円で売れたのも、

そういうことでしょう。

f:id:ebiokun:20170804011031j:plain

 

---

 

なので、

何も描いてない白紙も作品になります。

アメリカ芸術家のほぼ白紙、無題の作品の評価は2000万ドル!

 

---

 

文脈を読まないと。

 

別の言い方をすると、

歴史的な位置づけというものですね。

 

---

 

まあだからあれですよ、

ただの良い絵とか、

ただの良い歌とか、

そういうのはアートには分類されません。

 

あと、

わけのわからない映画とかが海外の映画祭で評価されてたりするのは、

そういう文脈に乗ってるからですね。

 

 

Rの法則、2017年5月8日

英語で歌を歌うという企画。

この番組としてはまともな企画ですね。

安本さん主役ですねこれ。

 

f:id:ebiokun:20170803214948p:plain

映画『美女と野獣』のテーマソングを歌う。

しかし、Beastとbestを区別できない安本さん。

そこからかよ。

 

これが戦略的なボケだったとしたら、

バラエティタレントとして売れますね。

(実際そうなのかも。

だとしたら水曜日のダウンタウンに出れた理由になる。)

 

f:id:ebiokun:20170803214952p:plain

本当に40点取れるのか怪しい(笑)

 

f:id:ebiokun:20170803214957p:plain

聴いたままをカタカナ読みにすることで、

それっぽい発音になるという手法。

 

f:id:ebiokun:20170803215001p:plain

f:id:ebiokun:20170803215005p:plain

美顔です。

 

f:id:ebiokun:20170803215008p:plain

f:id:ebiokun:20170803215013p:plain

f:id:ebiokun:20170803215011p:plain

なんか髪型が違うと思ったら、

1週間にわたって練習してるらしいです。

 

f:id:ebiokun:20170803215016p:plain

なんと作曲家ご本人の前で披露。

 

f:id:ebiokun:20170803215020p:plain

どうせ通じてないので問題ないでしょう。

 

個人的な実体験としても、

日本人的英語発音は全然通じません。

 

それにしても安本さん抜けてます。

銀行なら絶対出世できないタイプ。

 

f:id:ebiokun:20170803215023p:plain

f:id:ebiokun:20170803215031p:plain

スタジオでも披露。

 

f:id:ebiokun:20170803215034p:plain

流石に緊張してたみたいです。

そりゃそうだわ。

 

安本さんならもっと上手く歌えると思います。

 

---

 

ちまちま追いついていこうと思います。

最近、暇なので。

 

水曜日のダウンタウン

f:id:ebiokun:20170719225810p:plain

我らがヤス、出てましたので観ました。

 

まあ本人もわかってると思いますが、

あまり結果は残せず。

 

野球で例えると成績はバント1本、

というところですね。

 

廣田さんならイジられてヒット1本くらいでしょう。

清水富美加さんもヒット1本くらいは打ちそう。

滝沢カレンさんならヒット2本は打ちそうです。

ちなみに滝沢さんはスターダストですね。

 

三浦さんも藤本さんも、

特に結果を出しているわけではないので、

安本さんが特別ダメということでもないはずですが、

良いとも言えませんね。

 

---

 

はい、もうちょっと考えてみましょう。

 

なんでこの番組に呼ばれたのか、

結構謎です。

 

普通、この番組に呼ぶとしたら、

まず廣田さんから考えるでしょう。

 

となると、番組で力のある人が、

個人的に安本さん推しである可能性があります。

 

でなければ、

エビ中ではなくスタダ単位で受けた仕事であり、

社内推薦のような形で安本さんを試した、

というのも考えられます。

 

あるいは、

番組の内容的に安本さんが適任だったというケース

その場合には、

安本さんの持つ性質に関係のある未放送の企画があったのかも知れません。

例えば、

節約ネタ、

性格の純粋さに関わるネタ、

人の死に関するネタ、

親子関係ネタ、

髪型やファッションに関するネタ、

などが考えられます。

 

まあ素人の私にはその辺の力学はよくわからない。

 

隣に三浦さんがいることも謎です。

具体的には野球ネタがボツった可能性を感じますね。

時期的なところまで考えると高校野球モノかも知れません。

髪型ネタの可能性もありますね。

 

女性タレントの筋肉とかスポーツとか

真山さん、

女性版のSASUKEみたいなのに出るとか出ないとか。

 

前にも書いたんですが、

(消したかもしれませんが、)

 

女性タレントが筋肉要素とかスポーツ要素とかを押し出して、

売れた試しが無い気がするんですよね。

 

ソニンさんとか水野裕子さんとか、

色々いましたけど、

マジで誰も成功してない気がします。

 

これは芸能界の死の道ですよ。

これマネージャー陣が考えた方針だとしたら、

イケてないと思います。

ちゃんと芸能界を見てるんでしょうか?

 

本人が運動するんじゃなくて、

サッカー見るのが好き、とか、

そっちのほうがよほど勝算があります。

 

オリコン1位!

初のオリコン週間1位。

なるほどですね。

もしかすると、

いろんな意味で後手後手の対応になっていたように見えましたが、

高い確率でオリコン1位を取れる状況を整えるためだったのかも知れません。

 

他のミュージシャンとの時期的な兼ね合いや、

プロモーションイベントなどの日程調整が必要だったのかも

シングルでなくアルバムなのもそれに関係した理由があるのかも知れません。

 

f:id:ebiokun:20170606233102j:plain

 

無策で1位は無理でしょうから、

運営の策がハマったのでしょうね。

見直しました。

 

やはり、

結果を出し続けるしかないですね。