ひとりごと

永遠のヤス。

さらに考える今回のMステ、座り順を考察

しつこくMステの話題です。

 

まず前提として、

ゴッドタンに出た時、

私は「こりゃチャンス逃したな」と思いました。

というのもエビ中の"かわいさ"が主張されてしまったからです。


エビ中が主張しなければならないのは、

"おもしろさ"(芸人的なおもしろさでなく、

楽しさに近いおもしろさ)なので私の印象としてはゴッドタンは失敗でした。

かわいいだけのアイドルが売れようと思ったら、

佐々木希本田翼くらいのかわいさが必要です。

エビ中はかわいいですが、

その過当競争には参加すべきではありませんし、

それはエビ中最大の魅力ではないはずです。

 

---

 

今回のMステは、

その点、成功だったと思います。

エビ中に抱かせる感情の第一位が"かわいい"では無かったからです。

 

---

 

f:id:ebiokun:20150208122254p:plain

このメンバーの座り順は多分スタダ陣営が考えていると思うので、

その前提で勝手に解釈・考察してみます。

 

 

まず廣田さんをタモさんの横に座らせてるところから、

ぶっこむ気マンマンですよね。

代案があるとしたら

リーダー格で最年長の真山さんをタモさんの横に座らせて、

廣田さんは右から2番目か3番目に座らせるパターンしかないですね。

廣田さん右端というのは攻撃的ですね。

 

星名さんを2番手に据えたのは、

安定感に対する期待でしょうね。

例えばですが真山さんがカミカミになって、

それを廣田さんがツッコムような流れになったら、

「何だあの声?」ってなってブレますからね。

これも例えば逆に廣田さんをいじる流れになって

真山さんがカミカミになってもブレますからね。

星名さんが2番手に居るのはほぼ必然ですね。

他のメンバーには無理な気がします。

 

真山さん3番手も、

廣田さん星名さんが決まれば必然な気がしますね。

もう少しトーク時間があるなら安本さんが3番手とかでいいんですが、

今回は短時間で、

廣田さんのブッコミを全体でサポートという作戦ですからね。


現実的には廣田さんとダブルエース感のある柏木さんですが、

4番手にあるのも今回の作戦上は仕方ない気がしますね。

柏木さんは何気にしっかり者なので、

2番手3番手に据える作戦もあったと思うのですが、

前回のゴッドタンのように、

かわいさや幼さが主張される危険性もあったので、

こうなったのだと思います。

その点、中山さんにも同じことが言えますね。

 

今回5番手の安本さん。

ハマって一番おもしろいのは安本さんだと思いますが、

f:id:ebiokun:20150208125326p:plain

短時間の勝負では廣田さんを推すのが正着でしょう。

廣田さんの声をいじった後に

安本さんのしゃべり方いじりを被せる黄金パターンがありますが、

あの短時間ではいじる時間が足らなそうです。

 

松野さんは6番手ですね。

廣田さんのようなフックが無いですし、

美人なのでいじりにくいでしょうから、

アウェイな番組で後方になるのは必然ですね。

これは美人アイドルの宿命な気がします。

「何か美人がおるっ!」と思わせるのも立派な仕事です。

松野さんの内面的な魅力を掘り出すのは、

ゴールデンタイムの番組ではしばらく先になりますね。

 

小林さんは7番手ですね。

小林さんはパッと見は幼そうに見えないので、

もう少し前の方でもいいかとも思うのですが、

今回は作戦上後方ですね。

 

中山さんは8番手ですね。

パッと見で幼い感じがありますから、

前に出すとロリコンイメージが出すぎるので、

これは仕方がない気がします。

 

廣田さんもロリコンをイメージさせますが、

"プロ感"の強さが上回っていると判断されているのだと思います。

(廣田さんは幼く見せているが中身は大人だと視聴者には思われる

ゆえに、叩いて良いと思われて炎上する)

 

---

 

廣田さんが大人なのか子供なのかというのは、

エビ中を知ればどうでも良いことなのです。

答えははっきりしてます。

 

永遠に中学生、中人です。

 

大人の道理を知りながらも、

子供の純粋さや美徳を保ち続ける。

 


私立恵比寿中学 『U.B.U.』 - YouTube

 

廣田さんはエビ中を体現しているのですよ。