読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

永遠のヤス。

たまこちゃんとコックボー、ネタ元を発見(?)

しつこく「たまこちゃんとコックボー」について、

テブラデスキーのネタ元(?)を発見しました。

f:id:ebiokun:20150221160426p:plain

 

---

 

古いアニメで、「赤ちゃんと僕」という作品があり、

(タイトルが既に似てますね。)

この第34話で、「テブラデスキー」が登場します。

この話のテーマは、「嘘をつくのは良くないよ」だと思います。

 

---

 

「テブラデスキー」はインコの名前です。

知人から預かった小鳥です。

逃げられないように羽が切ってあり、ほとんど飛べません

f:id:ebiokun:20150523203637p:plain

 

スキダー」とだけ喋れます。

f:id:ebiokun:20150523203926p:plain

 

みのる君(赤ちゃん)が、間違えて逃してしまいます。

f:id:ebiokun:20150523204421p:plain

 

しかもその直後、犬に食われてどこかへ行ってしまいます。

f:id:ebiokun:20150523204510p:plain

 

みのる君、自分のせいでこんなことになったのですが、

バレバレなのにお兄さんに真実を告げられず、

泣きながら嘘(お化けが来たという)を突き通します。

f:id:ebiokun:20150523204705p:plain

 

昔自分がついた嘘を思い出して、みのる君に共感する兄。

f:id:ebiokun:20150523205024p:plain

 

みのる君の嘘を信じる形で、友達総出でテブラデスキー探しを開始。

f:id:ebiokun:20150523205137p:plain

 

見つからず、嘘の重みに耐えられないみのる君。

f:id:ebiokun:20150523205418p:plain

 

お兄さんは、みのる君が嘘をつき続けるのを見てられません。

f:id:ebiokun:20150523205444p:plain

 

偽物を返して誤魔化そうとするおじさん。

f:id:ebiokun:20150523205639p:plain

 

自分が逃したと嘘をつく兄。

f:id:ebiokun:20150523210302p:plain

 

「飛べないのにどうやって逃げたんだ」と飼い主。

f:id:ebiokun:20150523205818p:plain

 

やっと真実を話すみのる君。

「窓開いてて、飛んでっちゃったの、、、

フランソワーズ(犬)がパクって食べちったの」

意外と飛べたんです。

f:id:ebiokun:20150523205933p:plain

 

真実を知り、ショックをウケる飼い主。

f:id:ebiokun:20150523210506p:plain

 

しかしそこへ、テブラデスキーが空から登場。

やっぱり飛べました。

f:id:ebiokun:20150523210528p:plain

 

ボロボロですけど生きてました。

f:id:ebiokun:20150523210634p:plain

 

「ツラかったろ、もう一緒に帰れるからな」と泣く飼い主。

f:id:ebiokun:20150523210821p:plain

 

怖くてつい嘘をついてしまう。
でも、嘘をついたことを一番知っているのも自分なんだ。

f:id:ebiokun:20150523210932p:plain

 

---

 

映画の登場人物の名前などから考えても、

この話と関連があるのは間違いないと思います。

 

過去の関連記事を貼っつけときます。

 

ebiokun.hatenablog.com

 

 

ebiokun.hatenablog.com