読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

永遠のヤス。

ソロライブの感想

小林さんの生誕ソロライブ、

行ってきました。

 

完売してたらしいですね。

この調子だと他のメンバーのも完売でしょう。

 

私はチケットキャンプで購入しました。

ほぼ定価だったので、

売主はダフ屋ではないです。

 

---

 

正直、前半の満足度は低かったです。

 

他のミュージシャンの歌をカバーして歌うやつと、

エビ中の歌を小林さん一人で歌うやつ。

 

これは全然付加価値がないです。

小林さんの歌唱力をあてにしているわけではないし、

エビ中の歌は8人で歌うべきですから。

 

---

 

私、対策を考えました。

 

他のミュージシャンの歌を歌う場合は、

歌う前にどんな歌なのか軽く説明する。

でないと、

知らない歌だったりするので聴き方がわからないです。

(もちろん超絶歌が上手いならその必要はないですが。)

 

歌ったあとに選んだ理由を説明する。

(どの部分がどう好きなのか、

どういう思い入れがあるのか。など。)

これで小林さんの考え方を知れればファンは満足できます。

これ付加価値です。

 

これらは全曲で徹底すべきだと思いました。

(一部やってましたけど。)

 

---

 

後半は良かったと思います。

 

一番良かったのは自作替え歌。

これは小林さんが歌う必然性があります。

だから価値があります。

 

『あっちむいてポー』も私は良かったと思います。

景品にそれぞれ違う絵を描いたのが良かったと思います。

だってそこでしか手に入らないわけですから。

 

それと座れたので疲れが取れました(笑)

 

---

 

チャラン・ポ・ランタンさんの登場は、

私は微妙だと思いました。

 

上手過ぎて主役であるべき小林さんが霞むからです。

 

あくまで小林さんメインで、

補佐的にやって欲しかったです。

 

---

 

スタンディング席だったのですが、

後ろの方だと顔くらいしか見えません。

 

---

 

それにしても、

16歳でこんだけやれりゃ立派だと思いました。

というか本当に"平凡な人"ならプレッシャーで潰れますね。

立場が人を作るということなんですかね。

 

チーム大王イカからいきなりぶち込まれて、

一挙にレベルアップしてるんでしょうね。

 

---

 

誕生日、

おめでとうございます!