読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

永遠のヤス。

歌の表現力、の話

GIRLS' FACTORY16 行って思ったことです。

 

素人考えで書きます。

完全にこのジャンルは素人ですので、

トンチンカンだったらすみません!

 

これは柏木さん向けの話です。

プロ級に上手いけど、

上手く歌うことが優先され過ぎてる気がしたので。

本人も自覚があるんじゃないかと思います。

 

--

 

歌が"上手い"という場合、

"規則的に歌う技術"を指していると思います。

 

例えば、

特定の音から特定の音へ特定のペースで移動することだと思います。

 

---

 

で、技術とは別に、

表現力というものがあります。

 

---

 

表現力とはなんでしょうか、

と考えました。

 

極端な例で考えてみます。

「歌が下手なボクだけど、君にこの歌を届けたい♪」

という歌詞があったとして、

この歌を"上手い"歌い方で歌ったらおかしいですよね。

 

つまり、

何らかの世界観を想定してその再現を目指すことが大切。

それは技術的に上手いことよりも優先度が高い。

ということだと思います。

 

もっとはっきりいうと、

上手く歌う必要は究極的には無いということです。

 

---

 

一応もう少し踏み込んで考えます。

 

どういう世界観を想定したらよいか、、、ですが、

自分の人生経験の範囲で決めつけてしまって問題ないと思います。

 

もちろん作家のイメージを再現できればよいですが、

聴く人は作家のイメージを知りませんから、

ズレていたとしても自分なりに解釈して歌うのが歌手の仕事だと思います。

 

 

それに、

作家の意図を歌手の解釈が上回る可能性もあります。

 

また君に恋してる』とかはそういう例ですかね。

まあでも坂本さんは技術もある(笑)

 

---

 

一応書いてみました。

まあ素人考えなんで適当にスルーしてください。