ひとりごと

永遠のヤス。

オーディションが出来レースである仕組みを考える

素人目線で考えます。

予想です。

 

結論を書いておきますと、

出来レースだけど一般参加の人にも勝ち目はあるという話です。

 

f:id:ebiokun:20160816022701j:plain

---

 

www.nextstar.world

事務所は数千万円から億単位のお金をかけてこれを開催します。

なんのためにやるかというと、

 

売れそうな子を発見する、、、のも大事ですが、

タレントに"箔"(はく)をつけて売るためでしょう。

 

---

 

いざ受賞したのに「やっぱり芸能界怖いので辞退します!」

となったら困るわけです。

そうなったら数千万円がパーになります。

 

若いタレントが芸能活動を辞退する最大の理由はなんでしょうか?

多分、親です。

親が協力的でないと話になりません。

(めんどくさくない親であることも重要。)

 

---

 

これがスケジュールです。

これは多分、半分は茶番です。

どこかで親面接をやっておかないといけません。

しかしそれをどのタイミングでやるのか。

全国に散らばってるのに。

 

f:id:ebiokun:20160816021811p:plain

となると、

優勝者などの上位メンバーは事前に決まってると考えるべきです。

しかしリアクションが嘘では感動も半減しますから、

受賞は決まってても優勝なのか準優勝なのか、

とかまでは決まってないのでしょう。

 

実際、優勝と準優勝とでは事務所の力の入れ具合も、

仕事の入り方も全然違うはずです。

当たり前ですがだからこそ開催してるんです。

 

---

 

じゃあ外部の一般人は無理なのか?

というとそうでもないはずです。

 

多分、一般参加でも"売れそう"ならば、

特別賞とかを別に用意してスカウトするでしょう。

 

せっかくお金をかけて審査してるのですから、

売れそうな人材がいるなら欲しいに決まってます。

 

というか審査員特別賞という概念が意味不明ですよね。

何に対してどう特別なのか(笑)

本当の意味で審査された一般人枠のことを、

審査員特別賞と言ってるんではないかと(笑)