読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

永遠のヤス。

ピコ太郎の、別の元ネタ

もちろんテクノ体操が源流ですが、

そこからピコ太郎になるまでに、

『太郎』を取り入れてると思います。

太郎っていうのは、

『男女』で有名な人です。

 

www.youtube.com

名前がそもそも太郎ですが、

歌詞の発想が似てる部分があります。

 

今日、

ピコ太郎さんのアルバムを買って聴いてみて確信しました。

 

ピコ太郎さんの『ヒヨコ選別』という歌があるのですが、

「メス・オス・メス・メス・オス・メス、スズメ」という歌詞です。

同じ発想です。

さすがに偶然ではないでしょう。

 

古坂さん、やはり、

ネットでヒットさせることを相当意識してたんでしょうね。

 

でも私が気づいたきっかけは、

別のところで先に流れてたピコ太郎さんの『最終手段』という歌で、

これの「パンチがダメならキック」というメロディーが、

個人的には、どうにも太郎っぽい。

『ポッポッポッポキッとね』ってそのまま歌えそうなんですよ。

別にコンセプト的に似てる歌ではないですけどね。

でもこれがきっかけ。

www.youtube.com

ちなみに太郎さんもグラサンしてます(笑)

ここでもグラサン理論

太郎の「gigabeat」篇 by atts 音楽/動画 - ニコニコ動画

 

ebiokun.hatenablog.com

でも意識的にパクってるというよりも、

古今東西のヒットしたコミックソングやギャグを取り入れてたら、

結果的にピコ太郎という形になったということだと思います。

 

例えば、

『べったら漬けが大好き、だけどキムチの方が好き、』という歌詞は、

ピカソより、普通に、ラッセンが好き、』と笑いの仕組みが似てます。

 

---

 

でも『PPAP』はどこから出てきたのかわかりませんね。

いずれわかるといいな。

低予算で世界的ヒットを生みたいですね。