読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

永遠のヤス。

ソロライブの感想

真山さんの生誕ソロライブ、

行ってきました。

 

影響されて、

私も梅酒飲みながら書いてます(笑)

 

---

 

真山さんはソロ曲がほかのメンバーより圧倒的に多いので、

基本的にそれ中心にやっていけばまとまりますね。

 

そういう意味で、

他のメンバーより工夫があんまりありませんでした。

別にディスってるわけではなくて、

単に事実としてそうだと思います。

 

ソロ曲には振付が存在しなかったであろうものもありますが、

それなりに踊っていたように見えたので、

今回のために用意したのかも知れません。

(私は一番後ろにいたので、あんまり見えてないですが。)

そういう意味ではソロ曲があるから楽とも限らないですね。

 

バックダンサーとしてキョンシーが2人出てきたのは良いですね。

やっぱり見栄えが全然違いますね。

 

私としては個人的に好きな、

『蜃気楼』が聴けましたし、

『Shen-Shen Passion Night』も聴けましたし、

まあ満足ですね。

 

---

 

気になったのは、

途中に挟まったショートドラマみたいなやつですね。

 

せっかく私服デートという設定なのに、

早々に制服コスプレに切り替わるのはブレてる気がしました。

 

せっかくデート設定なのに、

カラオケ時の選曲が全然関係ないというのも、

狙いがよくわかりませんでした。

 

つまり、、、大げさにいうと、

"ファンの妄想に応える理想の真山"を見せたいのか、

"普段からあんな感じなのであろう現実の真山"を見せたいのか、

その辺がわかりづらいですね。

どう受け取れがよいのかわからない。

 

っていうかあれは涼宮ハルヒの制服なのかも。

確信が持てないが。

=>追記:綾波レイっぽい。

 

それと、

そういう疑似恋愛的なものを出してきたこと自体が意外でした。

 

恋愛ゲームのパロディ的なものとしてやっただけで、

それ以上の深い意味はないのかも知れませんが。

 

---

 

そんな感じです。

誕生日おめでとうございます。