読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

永遠のヤス。

たすたす、最終回

f:id:ebiokun:20170330184901p:plain

ということで終了しました。

メンバー出ず。

松野さんの死についても特別には触れず。

 

---

 

f:id:ebiokun:20170330185225p:plain

「アイドルっぽくない」と自虐気味に言う小林さん。

 

本人的には自虐なんでしょうけど、

 

ブス呼ばわりされてるならともかく、

カワイイのにカワイイ子にありがちな人柄ではない、

と言われてるんですから、

どっちかというと褒め言葉ですね。

 

f:id:ebiokun:20170330185824p:plain

センターになりたいという気持ちは誰しも有る、

らしいです。

 

ビジネス的な意味なのか、

自意識的な意味なのか、

謎ですね。

 

私、個人的には、センターになりたい、

みたいな考え方をしたことがないのでわからない。

 

女性的な発想なのですかね。

君が一番だよ的なのは、

口説き文句としてありますものね。

 

っていうか、

センターを置くことで生まれる様々な軋轢に耐えられるん人たちなんですかね?

(星名さんを除く)

謎ですね。

 

ももクロなんかは、

百田さんがああいう人だから成り立ってるんだろうな、

と感じますね。

あっけらかんとしてるというか。

 

---

 

番組全体の感想を書きますと、

グローバル化計画の方がおもしろかったと思います。

っていうかグローバル化計画はアメトーークより面白かったと勝手に思ってます。

 

素人考えですが、

良くないと思ったポイントを整理しますと、

 

ちゅうえいさんと尾形さんの役割分担が不明瞭、ちゅうえいさんは攻撃的になり、尾形さんが及び腰になり、なんとなく空気が悪くなった。

ebiokun.hatenablog.com

素人考えですが、毎回途中で派手に登場して、毎回途中で派手に去っていく、

っていうようなポジションが適正かと思いました。

 

演出がボケてるせいで、メンバーのボケる余地がつぶされた。

 ↓典型的事例。

ebiokun.hatenablog.com

グローバル化計画は、演出がボケてなかった点で優れてると思います。