ひとりごと

"中人"であれよ

 

https://twitter.com/sibespi/status/975475722595713024

我々のような人に向けて書いてるような文章なんですかね(笑)

実際どうだか知りませんが(笑)

 

どういうレベルのものを深読みと言って、

どういうレベルのものを普通の読みと考えているのか、

その辺がよくわかりませんね。

 

例えば、

「この作家は幼少期に虐待を受けているに違いない」

とかそういう話だったら、

さすがに深読みでしょうね。

 

でも、

マチ子は松野さんをモチーフにしている、

というのは当然の読みですよね。

まさかそこから否定するとは思えない。

 

謎ですね。

 

マチ子に関して言えば、

1話や2話に死の暗示が設置されているのも明らかですよね。

これも否定しようが無い気がする。

おじいさんの止まった時計とか死の暗示以外の何なんだと。

9話では「私、待つの」とまで言わせてる。

 

横島の大将=よこしま=邪、だから、何かやらかす、

という予言に関しては言い逃れ不可能なレベルで当たってます。

また来てマチ子、第3話 - ひとりごと

3話の時点で言ってます。

 

そもそも論として、

深読みされるような作品を作れるのは誇らしいことだと思うんですが、

客にマウンティングされた感じがして、

作家的にはムカつく、

っていう心理なんでしょうかね。

 

謎です。

 

それと、

評論に対しての毛嫌いみたいなのがあるんでしょうね。

作家の中にはそういう人が結構いますよね。

私は本業でゲームを作ってますが、

ゲームの世界でそんなの気にする人は見かけないですけどね。

 

とくに、

"お笑い"についての評論家とかめっちゃ嫌われますよね。

なんでなんでしょうね。

 

映画評論は興行収入に影響がありえるからまだしも、

お笑い評論なんて影響ほぼないのに、

芸人さんとかめっちゃ嫌がりますよね。

なんなんでしょうね。

 

 

---

 

私が勝手に「自分のことを言われてる」と被害妄想になってるのかも。

私、基本的に引きこもりなので、いろいろな距離感がよくわからない。