ひとりごと

"中人"であれよ

なんで16歳だとまずいか

考えてみたんですが、

淫行条例などができたのは、

1999年とかです。

 

私は31歳なので当時の感覚はよくわかりませんが、

それまでは結構、高校生くらいの年齢での性行為については、

日本社会は寛容だったと予想します。

 

その時代背景を考えると、

エイズ(HIV)、と、援助交際

があると思います。

 

これで数万円のお金欲しさに、

よくわからないまま、

エイズをうつされてしまったらどうでしょう?

 

相手の方も自分が感染していることに気付いてすらない可能性があります。

感染しても1ヶ月とか時間をあけないと検出できないはずです。

 

今でこそ薬が発達してエイズで死ぬことは無いようですが、

出始めた1980年台頃は余命2年とかだそうで、

現在でも完治することはありません。

エイズ以外にも完治しない性病(等)はたくさんあります。

(医者じゃないので細かいことは知らんが。)

 

これに感染したらどうなるか?

死ぬまで薬を買い続けて飲み続けないといけません。

 

山口さんに関する報道が事実なら、

何らかの治らない性病を患っている可能性は極めて高いと思います。

46歳までヤリチンだったらほぼ確実に何か持ってるでしょう。

 

しかも山口さんの頭の悪さを考えると、

ろくに検査も受けてない可能性が大です。

 

そもそも、乱れた生活を送っていない人でも、

共同生活しているだけで家族からうつっていたりということも考えられますし、

ものによっては生まれながらに持っていて本人には発症していないというのも、

たしかあるんでは?

 

もしこれをうつされてしまったらどうでしょう?

そうなったら相手女性にとっては、

恋愛も結婚も絶望的に感じられるでしょう。

多くの女性にとっては、

これは人生そのものも絶望的と言っても過言ではないでしょう。

3000万円などでは全く話になりません。

 

母子感染(細かい定義は知りませんが)しない性病でも、

育児中に赤ちゃんにうつって赤ちゃんが死亡というのもマジであります。

 

それがどういうことなのか、

ちゃんとわかっているかどうか、という意味で、

相手の年齢というのが重要だとされているのでしょう。