ひとりごと

"中人"であれよ

君は放課後...

追記 念の為、もう一晩考えてみます。

 

---

 

最終話まで観ましたが、

 

話のクオリティーが低いとかいう以前に、

話として成立していない気がします。

 

なんなんでしょうこれ。

 

これで脚本家はギャラがもらえるんでしょうか。。。

 

計120分あるわけですから、

そこそこの内容が描けるはずですが。。。

 

何かのメタファーなんでしょうか。。。

 

宇宙人と星名さんの関係性が薄過ぎるし、

小林さんが二年前から宇宙人だったということが全く活きてない。

他のメンバーもほとんど人間性が見えてこない。

その割に用務員のおじさんのプチ告白とか無駄なエピソードが挟まる。

 

意味不明。

 

っていうかさ、

普通に誰が考えても、

(繰り返しになるけど、)

リゲル君と星名さんの関係性が薄過ぎますよね。

 

初歩的な話として、

リゲル君と小林さんを逆に配置した方が良くない?

 

リゲル君と星名さんはもともと付き合ってて、

そこに小林宇宙人が転校生としてやってくる、、、

そうすれば描かなくても関係性が深いということにはできる。。。

 

---

 

っていうかそういうレベルの問題じゃないわ。

 

波が旅立ったけど身体が残ったからええわ、

ってどんなオチやねん。。。

ふざけてんのか???

小林さんは中身が変わってんだよ。。。

 

---

 

そういう解釈をしろということなのか?

イケメンを見たらすぐ好きになっちゃう女の動物性やら、、、

小林さんの中身が旅立ってもなんとも思わないような若者の軽薄さ、、、

などを描いているのか?

 

冗談です。

 

---

 

何がしたい作品なのか理解できない。

 

---

 

星名さんメインで恋愛っぽいのをやりたかったけど、

いろんな人にそれぞれセリフを用意してたら、

全然まとまらなくなったということなんでしょうか。。。