ひとりごと

"中人"であれよ

風と共に去りぬ

意外な話でした。

カンタンに要約してみますと、、、

 

---

 

-前半2時間-

美人で性格悪のお金持ちの家のお嬢様が、

戦争で家族や財産のほとんどを失い、

「何でもしてビンボーを脱出したる...!

 

-後半2時間-

玉の輿を2回くり返す。

本人も囚人をこき使うなどのエグいビジネスで成功。

しかし、身内で不幸がバタバタと起きて、

最後は離婚してひとりぼっちになる。

「でも、、、故郷(土地)は残ってるわ!

前を向いて生き続けるわ!」

 

終わり。

 

---

 

全体としてはNHKの朝ドラみたいな感じですね。

一番のテーマは女性の自立でしょうか。

 

"女一代記"っていうようなジャンルですかね。

強い女が現実を生きるという話。

 

それともう一つの大きな話は、

ヒロインと3回目の結婚相手のバトラーのラブストーリー

ふたりともツンデレっぽい感じで、

大昔から割と好き同士なんだけどなかなかくっつかない。

 

---

 

何が意外かというと、

やっぱりヒロインのスカーレットの性格ですよね。

 

夫が死んだときに全く悲しまない(笑)

衝撃の主人公像。

 

---

 

最後は"土地が大事"っていうのも、

時代を越える真理なのかも知れない。。。

 

---

 

あとは、、、

メラニーは裏ヒロインというか、

スカーレットと表裏一体の存在ですね。

これは"計算"を感じますよね。

 

それと、

家政婦のオバちゃんが、

強烈なビジュアルですね。

一回見たら忘れられない。

 

---

 

尾野真千子が主演してた、

朝ドラ「カーネーションを思い出す。

カーネーション (テレビドラマ) - Wikipedia

と思ったら、

ヒロインの名前が小原(おはら)ですね。

スカーレット・オハラと合わせてますね。

 

やはり名前理論は優秀。