ひとりごと

"中人"であれよ

改造案、補足

第1話で十倉さんのイヤホンが、

澤田君に引っかかりました。

 

あれを、

「澤田君が退場したときに、十倉さんが音楽家として一人前になる」

という暗示として使います。

 

第1話で、

聖母たちのララバイ

聖母たちのララバイ 歌詞情報

を十倉母が歌いました。

これを澤田君の死と、

それが歌を作る動機になることの暗示として使います。

 

第1話登場時は、

川谷さんは翼がついてましたが、

最終話ではなくなってました。

これを神の否定として使います。

なぜ神を否定するかというと、

神が澤田君を殺したからです。

 

f:id:ebiokun:20190612172002p:plain



このロゴ、

『ー』伸ばし棒の部分が、

波になってます。

これを音の波形だけでなくて、

f:id:ebiokun:20190612172109j:plain

病院にある生体情報モニターと二重に意味づけします。

これを澤田君の死のシーンで登場させます。

 

---

 

あのドラマより私の改造案の方がマシでしょう。

 

文句があるなら根拠を書いて納得させて欲しい。

あのドラマのどこを評価してるのか逆にお聞きしたい。

iphoneで撮ったことは評価しますけど。

 

いや、

途中までは良かったんですが、

メタファー的なモノが全然ない・機能してないことと、

8話でぶん投げ過ぎて回収不能になってるのがマズイです。

 

---

 

追記:

さらに補足しておきますと、

澤田君がモテてるのはバスケでの実績が背景にあれば説得力を増しますし、

心臓病があれば暇そうにうろちょろしてる理由も説明できます。