ひとりごと

"中人"であれよ

超無敵クラス

超無敵クラス 6月23日 TVer!

新メンバー、超イケメン。

スタダだってさ。EBiDANだってさ。

これがスタダ品質です。

スタダ美女軍団も負けてません。

ノノカさん、今回もロケ。

商品が生々しい。

ノノカさん、少年をイジる。

これは結果を出しに来てますね。

いつもより攻めっ気を感じる。

少年を挑発。

こんなん、ワイもドギマギするわ。笑

 

こんなおもろないことを一週間もやるんか。笑

学生だからって時間無駄にし過ぎちゃう? 笑

 

こちらもスタダ。

ミウさん、また出番をもらえてます。

ミウさん、意外にも卓球部だったらしいです。

(卓球部って陰キャっぽいイメージなので意外。)

もともとはバスケ部だったそうですが、

走るのがキツくて辞めたそうです。

 

"3分間走"の話を散々したあとに、

「"5分間走"でした」と、くつがえしました。

いつも通り、内容ではなく言い方で笑いを取ってるのですが、

今回、いつもよりもステマチックに笑いを取っています。

これは技を感じます。

というか、これが計算づくだとしたら、やりおるな、って感じですね。

今回は、自分で前フリして笑どころを作ったわけです。

 

49名でやる予定だったのに、11名も欠席。

企画として成り立ってない。 笑

 

まあでもそうなるよなー。

そもそも難しそうだと思いましたが、

どうしても、どんくさい人も数人いて、

そういう人は迷惑をかけたくないと感じるはずです。

まして、失敗した姿を全国放送されたらたまらない。

一生、それをネタにいじられる。

結束を深めるどころか、

分断を助長しています。

 

そもそも、序盤で失敗すると、

後半の人は一切出番が無いという、

この競技には構造的な問題があります。

 

かけ声の大喜利

ミウさん、ここでも出番あり。

とくにボケてない回答です。

まあでも、芸人さんもあまりボケてない感じなんで、

こんなもんでしょうか。