ひとりごと

"中人"であれよ

良いシーン

宮崎駿「自分が好きになった映画はストーリーで好きになったわけじゃない」 : ガハろぐNewsヽ(・ω・)/ズコー

 

要約すると、

"良いシーン"が重要で、

ストーリーはそれをつなぐ程度のもの、

みたいな話だと思います。

(宮崎駿さんは"ワンショット"って言ってますが。

趣旨は同じでしょう。)

 

尾田栄一郎さんの見解は当たってたようです。

 

---

 

知っておきたい「モンタージュ理論」 – あれもこれも

 

モンタージュ理論というやつ。

 

画と画をつなぐと意味が生まれる、

みたいな話です。

 

---

 

こういう観点で映画を観ると、

ストーリーがどうというよりも、

"このシーンを入れたかったんだなー"というような、

象徴的なシーンが多いと感じます。

 

www.youtube.com

 

一番わかりやすいのがキスシーンやカーアクションでしょう。

 

---

 

話に画をつけるんじゃなくて、

画に話をつける作り方がありえるという話です。

 

---

 

(ちなみに、

音楽を作って、

それに映像をつけるという作り方をする人もいるそうです。)

 

89歳

クリント・イーストウッド - Wikipedia

 

この人、今年で89歳なんですね。。。

そんないってたのか。

 

まだ新作映画撮ってるらしいです。

 

すごすぎる。。。

そんなに作りたいものがあるということ自体がすでに驚異的。

 

業界の技術の進歩についていくのも大変でしょうに。

若くても大変なのに。

 

しかも、

内容的にも商業的にもバランスを取ってるイメージ。

(そんなたくさん観たわけでもないけど)

 

最新作の興行収入が170億円くらいらしいです。

日本の映画界では10億円でヒットと言われる世界です。

 

 

忘れられた?歌手

昔の本を読んでたら、

三橋美智也」という人が出てきました。

誰っ?て感じですよね。

私、知りませんでした。

(みはしみちや と読みます。)

 

この人、日本で一番レコードを売った歌手で、

1億枚以上を売って、

現在も日本歴代1位らしいです。

ちなみに2位が「B'z」らしいです。

世代的には美空ひばり」の7歳上で、

坂本九」の11歳上です。

 

ミリオンヒットが30曲らしいです。

一番有名なのが、

三橋美智也 古城 - YouTube

 

私の世代では完全に? 忘れさられてますが、

じいさん・ばあさんの世代では大スターだったようです。

(当たり前だが)

 

美空ひばり」とそれほど時代が違うわけでもないですが、

忘れられてますね。

美空ひばりさんより後に死んでるんですが。

 

何が差なんでしょうね。。。

当時の空気がわからないのでなんとも言えませんが。

 

---

 

残るものと消えるものって、

何の差があるのですかね。

 

先日、「老子」の解説本を読んでたんですが、

2400年?ほど前の5000字ほどの文章が、

未だに世界的影響力を持ってるわけです。

twitterで言ったら35ツイートです(笑)

 

ちなみに、

「般若心経」は300字で1200年くらい耐えてます。

twitterで言ったら2ツイートです(笑)

 

スゴイ効率(笑)

 

---

 

現代人の作品で2000年後も残るものがあるのでしょうか?

 

もし人類が滅びなければ、

"何か"は残るでしょう。

 

果たして何が残るでしょう。

 

 

 

ワナ

今日、

三菱UFJのクレジットカードを申し込みしようと思ったら、

しれーっと

 

事前登録(リボ)

 

というボタンが設置されてました。

それを選ぶのがフツーかのように。

 

これどうやら、

"全部リボ払いにする"

ということのようです。

【三菱UFJ-VISA】「事前登録(リボ)」コースとは、どのようなお支払い方法ですか? | よくあるご質問 | 三菱UFJ銀行

 

いやー恐ろしい。

ハメ社会です。

 

↓勝間さんですら知らぬ間にハマってたことがあるのですから、

いかに巧妙なワナを金融業界が仕掛けているかということ。

楽天KCカードがなんと、最初から「自動リボ払い設定」になっていました。ショック。 | Facebook

 

知らずに選んでる人が大勢居るんでしょうね。

 

私も完全に理解しているわけではないですが、

リボ払い にするとどうなるかというと、

 

知らぬ前に返済が先延ばしになってて、

金利(年率15%)が重なり続ける、

という仕組みでしょうね。

 

ほぼ詐欺です。

合法なので余計に悪質です。

 

気づかずに契約したお前らが悪いんじゃ

という銀行の思想です。

 

立派な店舗を構えて、

一流芸能人を使ってCMを打って、

やっているのはこういうこと。

 

---

 

阿部寛さんと石原さとみさんが、

お年寄りに資産運用をススメています。

f:id:ebiokun:20190816014625j:plain

銀行のススメル投資をやったら大損します。。。

おぞましい。。。

 

びしょ濡れ探偵

f:id:ebiokun:20190815033316p:plain

終戦記念日安本さんが出ておられます。

エビ中と関係ないドラマにちゃんと出るのは初か。

 

Tver

https://tver.jp/corner/f0038244

 

Paravi

https://www.paravi.jp/watch/45169

 

このドラマ、

エンディングが2パターン用意されています。

 

Tver版では、お父さんが演技論を羽衣さんに語ります。

Paravi版では、三人姉妹の練習風景が見れます。

 

f:id:ebiokun:20190815033310p:plain

めっちゃテンション上がってます。

そりゃ部員2人が3人になったわけですからね。

 

しかしなぜ2人なのでしょうか?(笑)

もっと多かったのに人間関係でやらかしたのでしょうか?

サークルクラッシャー疑惑。

 

この馬路(浅見)さんは社会人入試でしょうか?(笑)

 

f:id:ebiokun:20190815033348p:plain

浅見さんと、めっちゃ良い感じ、、、

ですが、全然その気はないようです。

 

そりゃ男は勘違いするわ(笑)

星さんのサークルクラッシャー説が濃厚です。

 

f:id:ebiokun:20190815033328p:plain

猫の服を来てるなーと思ってたら猫好きでした。

スマホケースも猫ですね。

 

f:id:ebiokun:20190815033404p:plain

 

f:id:ebiokun:20190815033411p:plain

第六話のファラオを思わせます。

 

f:id:ebiokun:20190815033420p:plain

髪と衣装と化粧(?)で別人みたいです。

 

---

 

三人姉妹 - Wikipedia

↑こういう話らしいです。

よくわからないですが、どうやら、

都会で育った裕福な三人姉妹が、田舎暮らしをすることになって、都会に帰ろうとするんだけど、色々社会の現実にとりこまれて田舎暮らしをしていく覚悟を決めることになる、

って感じらしいです。

悪いと言うほどでもない日常の閉塞感みたいなことがテーマなんでしょうか。

 

羽衣さんのテーマでもあるのかも知れません。

第一話で羽衣さんが「一人暮らしがしたい」と言ってましたし。

 

---

 

第七話で本編の進行を考えてみると、

Tver版の最後に

「ウソをつくことはできないけど、演じることはできる。」

と羽衣さんが語ってたのが意味深でした。

 

このドラマ、

羽衣さんはなぜか就職活動中という設定で、

第三話で「就活の面接でウソばかりついてる」という悩みが語られてました。

その部分が少し進展したわけです。

 

---

 

このドラマ結構オモシロイです。

 

気が向いたら記事にしますが、

第五話がかなり怖くて、

もしかしたら最終回でスゴイことになるかも知れません。

 

そうなったらオモシロイけどな。

 

エンディングが2パターンあるのですが、

これを活かした最終回があるかも知れませんね。

 

でも今のところ、

必ずハッピーエンドにしてるんですよ。

それを越えた最終回にできれば傑作になるかも。

 

過去に戻るというのは反則行為なわけです。

それによって獲得した未来というのは、

やっぱりナシであるべきなんだと思います。

あるいは大きな代償を支払う必要があるでしょう。

 

最終回は、

そういうオチになる(べきな)んじゃないかなー。

 

びしょ濡れ探偵

安本さんが出る前の話をチェックしてますが、

まあまあオモシロイです。

 

例えば第三話。

https://www.paravi.jp/watch/43145

 

水をかけられる役を演じる役者、という、

このドラマのヒロイン自体をネタにしたようなキャラが登場。

 

今は水をかけてるけど、

ちゃんと将来のステップアップを考えてるプロデューサー、

という前向きな話。

 

それを大原さんが見つめるというメタ的な構造。

 

まあでも、

水をかけなくても数字が取れるように、

制作陣がアイデアを出すのが理想ですよ!(怒)

 

第四話以降で、

水をかけるという安易な手法に手をだした制作陣を、

自ら批判するエピソードがあるかどうか問われます。

 

---

 

ちなみに、

 

第一話

ダサい服を売ってるが実は天才的な才能を秘めてる男

 

第二話

過剰なまでに"もったいない精神"を発揮する男

 

を見ても、

意外とマジメな話してます。

 

しかし、

今のところ制作陣が自己肯定してるだけです。(第三話まで見た)

 

 ---

 

たしか昔、ラブファイトという映画で、桜井幸子さんが水ぶっかけられる役者、という役をやったけど、その翌年に芸能界引退しました。そういう役って、やっぱ良くないんだと思った。直接関係あるのか知らないが。

 

役者の自尊心を無意味に傷つけるような設定は良くないよなー。

 

この水かける設定を最終回でちゃんと回収できるんでしょうかね。

母親っぽい天の声があるので、何かあるんでしょうけど。

しっかり回収しないとなー。

 

(しっかり見てないから私が見逃してるのかも知れないが、)

何か水に関連したトラウマと母の不在を結びつけるエピソードを、

後半で見せないとダメですね。

 

脱税の温度

宮迫さんの件で、

脱税を一番問題視してる人がいるようです。

 

いやいや、

確かに脱税は問題だが、

現実の社会では、

自営業的な仕事をしてる人で全く脱税してない人というのは、

ほとんど居ないです。

まあ97%くらいの人は脱税的なことをやってるはずです。

 

街の飲食店、美容院、ピアノの先生、などなど。

特に、客から現金を直接受け取るような仕事をしてる人は、

ほぼ100%脱税してるでしょう。

 

金額が1000万円とか1億円とかにならないと、

税務署が動かないだけです。

 

その辺の温度は知っておいた方が良い。

 

(そもそも税金のシステムにグレーゾーンが多すぎるのが問題だと思いますが。)

 

---

 

逆に言うと、

あなたも自営業的な立場で仕事をしたら、

脱税してしまうということです。